読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

ミラノからウィーン マルペンサとリナーテ空港

f:id:boy-Lullaby:20151206163043j:plain

今年も終わりと言うことなので、4月の下旬から連休を使いまくりで渡った中央ヨーロッパの事を備忘録代わりに書いて行きます。


4月29日に成田からミラノ・マルペンサへ。アリタリアのエコノミーは満席でも無く、3人掛けシートに真ん中を空けてわたしが窓側、やはり一人旅だが旅慣れた感じの若い女性が通路側。機内食やサービスは普通。

CAは男性が目立つ。イタリアンが品切れで、ブリのような魚の和食?が。しかし付け合わせがパンだって、びっくりした。

マルペンサからバスに乗ってミラノ市内まで。20時頃には宿に入った。

f:id:boy-Lullaby:20151206163956j:plain

ミラノ中央駅から徒歩圏だったが、タクシーでチープホテルへ。

小雨が降っていなかったら歩いて行ったと思う。

ベッドに狭いシャワー、机に鏡。小さなテレビ。

ミラノ市内なので少し高い。

f:id:boy-Lullaby:20151206164130j:plain

ミラノ市内のイタリアンバルで食事したが、華僑経営で味は?あまり美味しく感じなかった。


f:id:boy-Lullaby:20151206164529j:plain

ビールとピッツァマルゲリータ9ユーロぐらい。ピッツァはデカ過ぎて食べきれず残す。

店を出てホテルへの帰り際に、ルーマニアモルドバの女の子に誘われる。ミラノ万博があるから出稼ぎのストリートガールなんでしょう。

値段聞いたら30分で25ユーロだと言う。30分じゃあな、とてきとうにあしらって遊ばない。日本人のわたしは直ぐに獣にはなれないのです。

f:id:boy-Lullaby:20151206165435j:plain

翌朝は一睡も出来ずに5時頃にはホテルを出て、歩いて中央駅まで向かう。ミラノ市内から直ぐのリナーテシャトルを待っていたら、何故か時間通りに来ない。運転手、寝坊か?

仕方ない、タクシーでリナーテへ。

17ユーロぐらい。

リナーテからウィーンへ。

f:id:boy-Lullaby:20151206165837j:plain

早朝のNIKIカウンター。

誰もいない。

f:id:boy-Lullaby:20151206170023j:plain

朝ごはんを食べる。

カプチーノとホットサンドウィッチ。7ユーロ?ぐらい。もっとしたかな?…

f:id:boy-Lullaby:20151206170235j:plain

NIKIの搭乗口。

日本では乗った事のないLCC

エクスペディアでブダペストへ行くのに一番安いのは、ミラノマルペンサ、リナーテ→ウィーン→列車。

具体的にはブダペスト東駅からベルリンまで走っている路線で、中央ヨーロッパはだいたいどこにでも行ける。バスも安いが鉄道は感覚的にもっと安い。


3日間ブラチスラバに滞在しながら歩き回り、帰りはリナーテからレンタカーでマルペンサのある隣町の郡までクルマを走らせる。

f:id:boy-Lullaby:20151206165337j:plain

一番安いチンクエチェント。

FIAT500。

hertzレンタカーを日本でネット予約。

24時間込み込み80ユーロぐらい。

空港内のイタリアンの英語はなまりが酷くてほとんど判別不能。

ベリースローリーとお願いしたほうが無難です。


ミラノ市内から高速に乗って、だいたいの場所まで走っていく。

Googlemapを起動させると、なんと日本語で案内してくれてプチ感動。

しかし、ミラネーゼはクルマの運転が荒い。そして飛ばす。

無敵Googlemapでわたしも飛ばす。

ホテルはミラノ市内と似たような値段だが、田舎な分だけかなりまとも。

f:id:boy-Lullaby:20151206171543j:plain

屋根裏部屋、、

f:id:boy-Lullaby:20151206171730j:plain

途中ミラノ市内をチンクエチェントで徘徊したせいか、0時過ぎにホテル着。お腹が空いていたのでお願いしたらプロシュート?生ハムとチーズ、サラダが出て来た。

バケットは勝手にオリーブオイルで食べろ!ジャポネ、そんな感じの15ユーロ。


エントリーの最後に書き足すと、

マルペンサは郊外にある成田。

リナーテは中央駅から少し離れた羽田のような感覚と距離。


次はブラチスラバブダペスト、ウィーンの事を書きます。

今年はこの辺りまでは良かったのだが、後半は休職したり絶不調で今もまったく調子が上がらないなあ…

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.