読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

ウィーン観光 ダンケ②

 セルハン君はミッテからUバーンで3つめのピルグラムガッセに住んでいた。

 中心部からUバーンで5分くらいの距離である。

 最初にオペラ座の前に案内された。


f:id:boy-Lullaby:20151215232221j:plain


f:id:boy-Lullaby:20151215232312j:plain


f:id:boy-Lullaby:20151216164910j:plain

ここから3時間歩き詰めでセルハン君は案内してくださいました。

 わたしは、ただついていくだけなのである。楽だ。


 f:id:boy-Lullaby:20151216223011j:plain

f:id:boy-Lullaby:20151216223123j:plain

王宮まで歩く。

f:id:boy-Lullaby:20151216223306j:plain

議事堂だと思う。

 なんだか社会科見学みたいだ。

f:id:boy-Lullaby:20151216223454j:plain

日本に来る海外の旅行者も、同じように社会科見学か修学旅行のようなコースを辿る。

 だから日本人のわたしを相手にセルハンは同じことをしてくれたんだと思うのだ。

f:id:boy-Lullaby:20151216223742j:plain


f:id:boy-Lullaby:20151216224012j:plain


f:id:boy-Lullaby:20151216224114j:plain

日曜日だからカルティエも休みなのである。あまり興味はないが…


f:id:boy-Lullaby:20151216224311j:plain

賑やかで古い街並みの区域を行く。

 ふたりしてひたすら英語を話している。こんなに英語でコミュニケーションを取るのは初めてなのかも知れなかった。


f:id:boy-Lullaby:20151216224613j:plain


賑やかで華やかな街区を歩いて行くと、

f:id:boy-Lullaby:20151216224743j:plain

突如シュテファン大聖堂が姿を現わす。

外装を化粧直ししていた。

 爆買いの人が沢山いる。

 海外に出ると、とにかく華人が多い。気にしないし気にもならないが。

f:id:boy-Lullaby:20151216225106j:plain


f:id:boy-Lullaby:20151216225225j:plain

シュテファン大聖堂の内部もまた美しい。

f:id:boy-Lullaby:20151216225416j:plain

ブロードウェイ。メリーポピンズが流れている。



歩き過ぎて足がO脚気味になっている。だいぶ疲れた。


f:id:boy-Lullaby:20151216230058j:plain

コーヒー一杯15ユーロもする洒落たカフェでブレイク。

 ここはわたしが支払いをしたのだが、あとで日本の焼きそば?のような中華料理のような紙のカップに大量に盛られた料理をテイクアウトでセルハンの家でご馳走になる。

 ありがとうございました。


f:id:boy-Lullaby:20151216230545j:plain


 最後はセルハン君にミッテ駅まで送ってもらい、わたしが着ていたフランスアーミーの服に付いていた旗章が気になっているようなので服ごとプレゼントしてお別れしました。

 日本にも遊びに来なよ?と聞いたら、 日本遠いよ   と言う事だった。

 

 セルハン君は多分ターキー系の移民の子孫なんだと思う。

 日本人が遠く欧州をたいして目的もなく旅行している事を最後まで不思議がっていた。

 そんなわたしを相手にしてくれて、ほんとうにありがとう。

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.