読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

愛犬と 最期のお別れ

 今日はララすけも生前お世話になった実家の両親を伴って寺院へ。


 昨日のうちに洗濯したララお気に入りのマットとタオルケットに包んで家から抱えてクルマに乗せました。


 飛行機以外の旅行では必ずララも一緒にだったなあと思うと涙があふれて来ました。

 昨夜涙酒に暮れて明かしたので、もう枯れていると思ったのですが。

 出てくるものは仕方ありません。


 家からクルマに乗って20分くらいの場所にある西信寺別院 大泉霊園と言う寺院がララを弔って供養して頂く場所。最後のドライブです。


 寺院は明治から続く動物霊園でした。

 きれいに手入れされていて、宰相吉田茂の愛犬モルの墓もありました。

 多くの先輩方に囲まれて、ララもここなら寂しくないな、安らかに過ごせるな と。


  火葬の前、本堂でまたふたりきりでお別れする時 

 声に出して感謝を伝えました。


 毎年お正月になると、お墓参りなんだなあと考えて

ララはおりこうさんだな、忘れないように正月五日に逝ったんだなあ。


 十二年と半年。

 長い長い時間。

 

 フェリーに乗って、親友が冬の間だけ居ない住処に夏休みに渡ったな。

 親友は北海道仁木町の山でララへのわたしの溺愛ぶりを見ていたので、亡くなった事を伝えると

残念だよ。でもララは他の犬より幸せだったと思うよ。

 と言ってくれた。ありがとう。


 ララのいない、新しい世界が始まったんだな。


 最期を看取った父親に、ララの最期をもう一度尋ねたら、二回だけウーって小さく唸っただけだったそうです。

 吠えない、おとなしくりこうなララらしく最後も静かに逝った。


 しばらくおとなしく過ごして、少しずつ活動していこう。


 家の中にララがいない生活

少しずつ慣れていこう。


会津の鉄錦号 2003年6月21日 福島県会津若松市 城東町生まれ

 2016年1月5日 12時35分  

ララ 東京都練馬区石神井町で永眠

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.