読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

ナッツフォードテラスからアシュレイロードへはしごする

 夜勤明けのボクは午後3時頃に目を覚ました。

 まとわりつくような湿気で汗にまみれた身体を寝起きのシャワーでしっかりとさせる。


 明日は非番だ。

 マカオのリスボアあたりでポーカーに興じるのも悪くないな と考えたのち、チムサーチョイのいつものおみくじで運試ししてから向かうことにした。


 ノースポイントの部屋からフェリー乗り場へ歩いてゆく。3月の夕方近くだと言うのに、気温は25℃を上回っているだろう。

 乗り場へつくまでにひと汗かいてしまった。

 はいているデニムのポケットの中の小銭をまさぐりながらフェリーボートに向き合う。

  ノースポイントから対岸のホンハムまで西に向かってフェリーボートは斜めに進み、そして景色を愛でる間も無くポンツーンに着岸する。


 上に羽織ってたシャツのボタンを全部外してチムサーチョイの街まで。

 おみくじ屋まではゆっくり歩いて20分。

 西風が首元に心地よく鼻歌のひとつでも出てきそうな夕暮れがチムサーチョイのビルの隙間から迫って来ている。


 

 おみくじを引いたら 賭け事望み叶わず とあっさり出た。

 今日は日が悪そうだ。

 おけらになってマカオの公園で野宿するのも気が引けたので、チムサーチョイで食事しておとなしくノースポイントの部屋まで帰る方針で行く事にひとまず落ち着いた。


 なぜか少し投げやりな気分で考えをめぐらしながらおみくじ屋を出ると、外は雨に変わっている。

 しまったな。傘なんて持っていないや。


 雨に濡れるにまかせて、ボクはナッツフォードテラスに向かう事にしたが雨足がまた強まったのでタクシーに乗り込んだ。

 数分ののちに着いたナッツフォードテラスのオープンな部分は雨に叩かれて人影はなく、外国人の客たちは店内で雨宿りの体裁なのである。


 どうしようか?

 リスボアのポーカーも今日はやめたしオープンテラスも今夜は仕舞いだな。


  外国人の観光客で賑わっている店たちを尻目に横道に入っていく。

 ここなら大丈夫だろう。

 ナッツフォードテラスの脇道にある寂れた店にボクは入った。薄暗い白熱灯が店主を薄ぼんやりとあぶり出していて、人懐こい笑顔で迎えられた。

 元々商船でコックをしていたジミーが開いたイタリアンレストラン。

 ナッツフォードテラスの明るさについ気を取られがちな中にあって、ジミーはカウンターだけの小さなこの店で17年も商売している。


 お腹も空いてるし、ボクはアペタイザーを飛ばしてボンゴレロッソと白ワインをオーダーした。


 ジミーは小柄だから、通い詰めの客からは愛着を持ってサンパン(小舟)と呼ばれている。

 サンパンが手際よく調理して、パスタとワインが同時に運ばれる。どこで採れたアサリか皆目見当がつかないが味は悪くない。


 ロニー  いい感じのムール貝が入ってるけど酒蒸しにしてどうだい?

 そんな具合でサンパンにすすめられるがままに素手で食べ始める。

 

 ひとしきりお腹もふくれてサンパンの振る舞いに満足していると、隣の席へユーリーがやって来た。

 ユーリーは元警官、元同僚で今はアシュレイロードの日本料理店を経営している。

 そのむかしユーリーの父親が乾物屋をしていたのを日本料理店に改装したらこれが当たったという具合だ。


 なぁロニー よかったらうちの店でゆっくり飲まないか?久しぶりに警察の話も聞きたいよ。どうだい?


 ぼくはアシュレイロードのユーリーの店へ行く事にした。帰りはタクシーで帰ってもいいし、ナイトシアターで朝まで映画を観たっていいだろう。

 

 ユーリーの運転するメルセデスに乗り込んでアシュレイロードに向かっていく。


 ユーリーはなにしにサンパンの店に来たんだ?

 そんなとりとめもない事を自問しながらネイザンロードの曲がり角。

 雨のやんだ とばりの中。

 

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.