読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

泣けること

 成り行きで若い男性の恋バナに巻き込まれてしまって気になり、今朝は5時半には目が覚めてしまった。


 高校をこの春卒業して今は大学生の彼、卒業を前にした先だっての3月に女の子に告白したんだそうだ。

 女の子は彼とふだんから交流があったかと言えばそうではなくて、いわば突然、突拍子もなく彼から告白された事になる。


 付き合ってほしい、と申し出た彼からの言葉に彼女の返事は。彼の言葉を要約するならこんな具合だった。

・今は誰とも付き合うつもりがない

・なぜかと言うと、今ひとりの人に決めて付き合うって事が出来ない

 そんな内容だった。

 ははーこれは体良くお断りされたなって私は話を聞いて思ったのだが、彼は特段なにも返答する事なく彼女に分かったと言って電話をきったんだそうだ。

 うん?電話?電話じゃ細かいニュアンスが伝わらないしなんで直接話さなかったんだい?って私は一瞬考えたが彼にそれを言うのはやめた。


 その代わりに、

・ひとりに決められないなら大勢のなかのひとりとして仲良く出来ないかな?

って食い下がる気はあるかい?と彼に問いただした。

 体良くお断りされたとしても男として本気出さずに引き下がるのはどうかと思ったし、どうせ同じ振られるなら彼女にダメを押して貰ったほうがキッパリ諦めがつくんじゃないか?と考えたからだ。

 

 大学生の彼は少し考えたのちに、

・電話でふだんあまり話した事もない彼女から確信的に断られたので、その時は気が動転して上手く対応出来なかった。

・出来るなら『その手』で駄目元で食い下がってみたい。

そんな旨の話を私に返答してきた。


 でも、と彼は付け加えたが。

・そんな事あとからして女々しくないですかね?

・男がすたるって言うか…


 男がすたる かよ。

 泣かせる事いうじゃないこの子。

 と私はすこし面食らったのだが。


 彼に、

酒場で偶然行き掛かり上で相席している男に色恋の相談(愚痴?)している時点で充分に男はすたってるわいね。女に告るなら自分の思いに責任持ってなにがあっても自分の胸に留め置かないとだめだろや。うんぬんかんぬんうんぬんかんぬん

と私は彼に説教垂れてしまった。


 そしてこんな私が言うのはなんだが、

君な、女に選ばれる男になりなよ

と思わず口にしていた。


 彼はその後なにもしゃべらずに生をガンガンあおって酔いが入っていった。

 て言うか未成年じゃねーか?って思ったが。


  男がすたる

って今時の若い子でも泣かせること言うんだなとちょっと感じ入ってしまい早起きした朝。

 体内時計が完全に狂ってしまってるケロ。

 


 

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.