読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

自然治癒力

 風邪なんて、放っておけば治るでしょ!

 たいしたことは ないさ、どうってことないさ。

 節制なんて、養生なんて なんて なんて…


 そんな具合で3月29日から過ごしていたのですが、咳もクシャミも鼻も止まらず。

 食欲も減退して、お酒も飲む気が起こらない。

 幸いなことは高い熱が出ない事だけ。


 4月に入った昨日と一昨日は寝台とソファを行ったり来たりしながら、のんべんだらりと精彩を欠きながらお風呂にも入れず誕生月を迎えました。


 3月28日の晩に近所に住む実弟と食事飲みしながら香港の話や自動車、サッカーの話題で盛り上がっていたのです。その晩は代表のタイ戦があったのでそれを観て、翌朝寝て起きたらひどい倦怠により風邪をひいてしまった事に気付きました。


 ○○は風邪ひかない、と言うようにわたしもここまでひどい風邪ひいたのはいつ以来だろ?たぶん2年前に出張先でインフルエンザになって以来かな。


今回 熱はないのでインフルエンザではないな、と舐めていたらぜんぜん症状がよくならないので今日は医院に行って来ました。


 近所の内科医に行ったのですが、驚いたのは風邪の患者は受付を済ませたらいきなり隔離部屋みたいなシェルターに入れられて、そこで診察と会計まで済ませて専用の出口から帰るのです。他の患者さんと一切接触せずに院内感染を防止してますってシステムでした。

  こちらも他の患者さん、高齢者だろうが現役だろうがに風邪をうつすなんて気が引けるので良いシステムだなと感心して院外処方された薬を今しがた飲んでキモチゆらゆらしています。


 香港で日本からしたら季節外れの半袖着衣を経験したのが悪かったのか?単に東京の寒暖差がよろしくなかったのか、よく分かりません。

 鼻の下の皮膚がむけるほど鼻紙使ったり久々に苦しみました。

 香港では足元がゆらゆらふらふらする37階と言う高層階に3泊してあまりしっかりとした睡眠を取れなかったりしたので疲れが溜まってたのかも知れません。

 楽しい事の後に、試練を与えられたり とか。


 いま目の前に白い光が走ったので何が起こったのか、と思ってたら近所で雷鳴が轟いてますわ。

 花見の人らは落ち着きませんね。


 f:id:boy-Lullaby:20170403174454j:plain

 画像は香港の九龍からマカオ外港に向かうスペシャルクラスの船内でサーブされた船内食。(エコノミーには船内サービスはありませんでした)今回の旅ではグルメもしたんですが、その手のグルメ写真は撮らなかったですね。一人だと注文した料理の量が毎回毎回多くて…食べるのに精一杯でした。

 ガイドブックに載ってるような店よりも街角で地元の人に混じっで食べた雲呑麺(30ドルでしかない)の優しい味の方がよく思い出します。

 いまは味覚が飛んでしまっているので印象だけ。


 東京の天気、荒れてますね。

 雷はたまらないので早い時間に医者に行って良かった。

 今夜は早目に薬を飲んで眠る。

ヒューガルデンビール

 香港が25,6℃と初夏の気候でしたので気持ちよく過ごしていたのですが、帰国した日の晩から東京の朝晩の寒さが身にしみまして早々と風邪をひいてしまいました。

 喉が痛くて咳も止まらない嫌な感じの風邪ですね。


 最近風邪をひいたのが一年以上前の話になりますのでかなりこたえています。

 まぁこの土日ゆっくり寝て過ごして治すように。


 f:id:boy-Lullaby:20170330211618j:plain

香港ではこのHoegaardenヒューガルデンばかり飲んでいました。

 オープンテラスのあるナッツフォードテラスでは夕方4時から9時頃までハッピーアワーでありまして、飲み物が手頃な値段で提供されます。

 ヒューガルデンはかなり大きなグラスになみなみと注がれてハッピーアワーでは55ドルでした。

 観光地と言うのもあるのでしょう、他のお客さんはこれを1時間くらいかけて同席の方とおしゃべりしながらゆっくり優雅に飲んでいます。


 わたしは話し相手も特段見つからないので、いきおい飲みに走ってヒューガルデンの大きなグラスをあおるように飲んでいましたが…


 今は喉が痛いので刺激のあるものは避けて緑茶やウーロン茶のあたたかいのでやり過ごしています。


 桜もわたしが帰国した23日には咲いている予報でしたが、案外この週末が見頃かも知れませんね。

 具合よくなったら缶ビール片手に近所の桜でもからかいに行ってこようかと考えていますが、この風邪かなりガンコでいやになります。


 おやすみなさい

香港から帰って来たら、東京はまだ冬の寒さですね

 昨日は前夜ホテルでの中国人観光客の深夜における生活騒音が執拗で1時間くらいしか眠れませんでした。


 中国人観光客がお金を持ってるのはだいたい想像がつくし、そんなところに東京から行ったわたしが贅沢して37階エグゼクティブクラブハーバービュールームの並びに紛れ込んでいるのも自覚しているんですが、隣りの客室で人が眠ろうとしてる深夜1時過ぎからわざわざ騒ぎ出す中国人観光客にうんざりな一夜でした。


 朝は9時過ぎまでモヤモヤしていて、意を決して朝食ビュッフェを食べに行き、その後はチェックアウトまで部屋でひたすらボーッとしてました。

 近所をぶらつく手も無かった訳ではありませんが、最終日くらいホテルでのんびりするのも良いでしょう。

 

 チェックアウトはホテル39階のクラブルーム専用カウンターで行いました。

 正午近くになって階上にゼロハリのスーツケースを転がして行ったところ、先客のヨーロッパ人らしい御夫人がホテルスタッフと支払いで揉めてます。なんか、海外旅行あるあるです。

 その御夫人は20分くらいホテルスタッフの女の子に不平を言ってました。なにやらbooking.comで予約していた内容から追加の支払いが発生していたみたいです。

 わたしも眺めの良い部屋をリクエストして客室では最上階のエグゼクティブクラブハーバービューに泊まってたので内心すこしどうなるんだろうって感じてました。わたしの番が来て、カードキーを返却したら端末でミニバーの利用履歴などを確認したのちノープロブレムと言われてすんなりとチェックアウトは完了しました。

 エクスペディアで予約すると国によっては追加で税加算されたりするんですが、香港のホテルパノラマバイロンバスではそう言う事が一つもありませんでした。なぜか前途洋々な気分でホテルを後にします。

 追加支払いありのリクエストアップグレードなんて嬉しくないですからね…

 

ゼロハリの小さなスーツケースをゴロゴロしながら、エアポートエクスプレスで空港に向かうか考えてました。或いはタクシーでも…

ひとりでタクシーは贅沢だなと思ったし、エアポートエクスプレスは九龍の駅までわざわざ行く必要があります。


 ここは33ドルの一番庶民派的な一団に紛れて空港バス、シティフライヤーで移動するべしだわいね。

 

 わたしが最初に並んだ場所は間違ったバス停で、地元の人が親切に英語で指摘してくれて正しいバス停までまた移動出来ました。

 香港人、日本人にはやさしいです。

 チムサーチョイから空港まで行くA21系統のバス停はネイザンロードにある重慶大厦の50mばかり北側、重慶大厦の反対側の車線にあります。


 多くのツーリストがスーツケースをゴロゴロしながら並んでいる列で待ってたら3分しないでバスがやって来ました。

 20ドル紙幣と硬貨で5ドル2枚2ドルと1ドルで支払いを済ます。ちなみに香港のバスではお釣りは貰えませんからオクトパスカードか小銭攻撃でやり過ごす必要がありますね。

 わたしは結局オクトパスカードは買いませんでした。


 空港まで1時間くらい。ターミナル1。

 香港航空は安いけど一応レガシーなのでターミナル1にあります。


 受付2時間前ルールなんてものもなくて、13時過ぎに空港に着いたら待つ事なくすぐにチェックイン出来ました。


 後は15時50分発の飛行機に搭乗して帰るだけ。

 200数ドル残ってたお金でビールなんぞを飲んで時間潰しです。

 昨日1時間くらいしか寝てないのでだるいのですが目をつぶっても眠気はありません。

 精神が高揚したままなのかダルフワな感じ。


 帰りの香港成田便も満席近かったですね。

 香港航空の成田便は往復45,000円くらいです。

 私の感覚では安いと感じますよね。

 深夜便のさらに安いのなんて乗る気になれないし。


 香港航空はそのくせLCCではなくレガシーなので機内食もちゃんとサーブされます。量も味もわたしには充分です。飲み物もビールなんぞを頂けます。酔っ払う気ならビールを際限なくサーブして貰えばいいです。しませんけど…

 空港に着いてからも預けた荷物は直ぐに出てくるし、香港航空はかなり具合良いと思います。

 エコノミーからビジネス乗り換えアップグレードも30,000円ちょい出せばやってくれます。

 まぁわたしはエコノミーで一睡も出来ずに固まって帰りましたけどね…


 成田から帰りはスカイライナー日暮里乗り換え山手線から西武池袋線に乗り換え石神井公園に帰るのが定番ですが、寝不足でどうしようもなくダルかったので香港から電話して実家の親父さんを頼りました。


 自動車で成田からは1時間半の上かかりますね。

 親父さんに丁重にお礼して、昨夜はサッカー観て寝ました。

 今日はまだ疲れが残ってますが、明日には荷ほどきして洗濯して、また感想を書いて行きたいと思います。


 おやすみなさい

香港 Vigor Airport Shuttleの現地ツアー

今日は予約していた現地ツアーに参加して来ました。自分で考えることなくバスに揺られて行くので楽勝パターンです。


 確認電話を東京からした時はペニンシュラの目の前にあるカオルーンホテルで朝9時にピックアップと言う事でしたが(日本語対応あり)前夜つまり昨夜になりますが私の泊まってるパノラマバイロンバスまで来てくれる旨の連絡が宿泊している部屋までわざわざありまして、なんと具合よさげなツアーなんだろうと感心しました。(リコンファームの案内は英語です)


 50人乗りのバスに乗り込んだら誰も乗っていなくて、あとから団体さんがドバッとくるパターンかなと思ってたら私を含めて三組だけのたった8人だけのツアーになりました。わたしは静かでよかったのですがツアー会社が大丈夫なのか少し心配になりました。


ちなみにこのツアーのガイドさんは香港の方ですが話しは全部英語です…分かっていたとは言え…まぁいいんじゃないでしょうか。


本日セットされたコースは、わたしが初日にバスで上がったビクトリアピークにトラムを使って上がり直し、それからアバディーンのサンパン観光、香港島の南をレパルスベイを通ってスタンレーに行くと言う具合の割とニッチなツアーです。ちょっと今の時代の王道観光ツアーではないのでどこも空いてました。昼間、いや午前中のビクトリアピークも空いてましたよ(午前中あいにくの天気でビクトリアピークからの景色はガスで何も見えず)。


 サンパン観光は自己負担で60ドルかかりますが、このツアー自体はエクスペディアでディスカウントしていて3,000円にも満たない安価なものでした。


 昨日のマカオの至れり尽くせりな車チャーター1,200ドルに比べたらだいぶ安上がりだわいね とバスで考え込んでしまったわたし。

 なにせ昨日のマカオは断わっても断わっても運転手さんがわざわざクルマのドアの開け閉めをしてくれてこちらが恐縮したぐらいでしたから。車チャーターの観光は歩かなくて楽なのと時間を節約出来ます。昨日はホントに贅沢しちゃってました。だから博打の神様も最後逃げちゃったのかな。


 


 周ってみて、のんびりとした香港を満喫したいならレパルスベイがオススメだなと、あらためて思いました。


f:id:boy-Lullaby:20170322220453j:plain


f:id:boy-Lullaby:20170322220537j:plain

ピークトラム


f:id:boy-Lullaby:20170322220646j:plain

最初は空いてるなぁと思ってたら出発する時には満席になってました。


アバディーン

f:id:boy-Lullaby:20170322220829j:plain

サンパン観光

f:id:boy-Lullaby:20170322220931j:plain


レパルスベイ

f:id:boy-Lullaby:20170322221029j:plain

風水の関係で山からの風を通すため建物に穴が空いてます。

f:id:boy-Lullaby:20170322221216j:plain


スタンレー

f:id:boy-Lullaby:20170322221421j:plain


ツアーは14時半過ぎに終了して、またホテル近辺まで送ってくれました。

 ホテルで少し休んでから、スターフェリーで三たび香港島へ上陸しセントラルのピークエスカレーターも歩いて行きました。

スターフェリーのピアから歩くとよい運動になります。


日頃の運動不足がたたりつつも数日歩きっぱだったので脚が棒になってます。

足裏マッサージにでも行こうと考えたのですが、やっぱり贅沢だなと感じるし普段してない事をしてもたいして調子も変わり映えしないだろうと考え直して自分で自分に却下しました。


 夕方過ぎは3日連続でオープンテラスのあるお店でドラフトビールを飲んでいました。


明日15時過ぎの便でかえります。


なんとなく満喫してるんじゃないかなって思うのですが、英語漬けの日々はそれなりにストレスを感じてしまう自分がいますね。

 一昨年ヨーロッパを歩いた時は全然気にならなかったのに、アジア ってだけで気持ちが甘くなってしまってます。

 シンガポール以来のアジア旅行は、日本語分かる人がそばにいたらなあって無い物ねだりな旅になりました。


おやすみなさい

f:id:boy-Lullaby:20170322230237j:plain


マカオ コタイのカジノではとんとん

f:id:boy-Lullaby:20170321213847j:plain

マカオ行きは九龍の中城港からターボジェットと言う船でマカオの外港まで。1番はやい便のエコノミーの席が埋まっていたためスペシャルクラス326ドルを支払う羽目に。

香港からマカオ行きは意外にイミグレーションなんかがわずらわしいです。

1時間くらいですが、船中ずっとスヤスヤ寝ていました。


そしてマカオに着いたら金持ちに見られたのか、早々にチャーターのクルマを仕立ててソーリーで1200ドル。4時間で観光地とカジノを周るコースをお願いしました。

f:id:boy-Lullaby:20170321214534j:plain


午前中は大小で1500ドル勝って、あれ?元取れちゃったって喜んでました。

f:id:boy-Lullaby:20170321214846j:plain


マカオってグランプリとカジノくらいしかピンと来なかったんですが、やっぱり周ってみてあえて言うなら  そんなに行かなくてもいいとこだなって感じでした。


 マカオタワー

f:id:boy-Lullaby:20170321215406j:plain


f:id:boy-Lullaby:20170321215531j:plain

高いところが苦手なので透けたガラスの床は上がれません。


セナド広場

f:id:boy-Lullaby:20170321215729j:plain


f:id:boy-Lullaby:20170321215909j:plain


聖ポール天主堂跡

f:id:boy-Lullaby:20170321220221j:plain

ここは中国本土からの観光客がうじゃうじゃ


ペンニャ教会

f:id:boy-Lullaby:20170321220351j:plain


他にも色々と周ってこのあとダイパ島にあるコタイのカジノでバックギャモンをやったら、午前中に勝ったぶんをすっからかんにされました。


 まぁいつもの事ですがなかなか上手くいかないですね。


 あしたは香港島をあちこち巡ってきます。

 

 帰り空港まで行ける小銭だけ残して、となるとあんまりお金は使ってないですね。

 ここへ来て日頃の倹約生活が滲み出て来ているなあと 自分でも感心してます。


 日本は1時間の時差があるのでそろそろ

おやすみなさい



ナッツフォードテラスで料理注文したら天敵がいたよ

ナッツフォードテラスでシーザーサラダを頼んだら…


きゅうりがいっぱい入ってて食べられない


f:id:boy-Lullaby:20170321195209j:plain

レタスにきゅうりの匂いとエキスが染み出していて、とてもまずいです。


マカオで大勝利とは行きませんでしたが、ビールでひとりちまちまと乾杯してます。

香港旅行には220V→100Vの変圧アダプターを忘れずに

 へたくそな英語を操ってホテルに変圧アダプターを貸してもらう事に成功しました。

 眠たいしホントは英語なんて喋りたくありませんが、背に腹はかえられぬ で繰り出しました。


 香港ではBF形と言うコンセント形状をしています。

f:id:boy-Lullaby:20170321012135j:plain

それを、一個500円もしないで売っているアダプターで

f:id:boy-Lullaby:20170321012303j:plain

繋いでiPhoneを充電出来ました。

f:id:boy-Lullaby:20170321012400j:plain


明日はこれでマカオに渡れます。

日帰り旅行で行って来いして来ますよ。


先輩氏がオケラ?になり損ねたリスボアで大小とポーカーをやってくるべし。


おやすみなさい

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.