読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

トイラー グォイニャット ベトナム・ホーチミン市の王様マッサージ

 今日も月曜日ですが、何故か多勢の方々がアクセスしてくださりありがとうございます。


 なるべく目立たないように感情表現を1/10に抑えて発信しておりますが、その中でも琴線に触れる事があるのならば、嬉しい気持ちでいっぱいです。

 調子は従来通りに上がって来ませんが、調子が良い時に具合が上々なのは当たり前なので。

 悪い時は悪い時なりに具合よく過ごしていければ、と思っています。


 トイラー グォイニャット

 わたしは日本人です。


 と話しかけてもベトナム人は日本人を意識していませんでした。

 10年前にホーチミン市へ渡って以降、ベトナムとは縁遠くなっていますが、ベトナムの女子は可愛らしいな、と胸に刻まれています。


 なんとなく日本人にも似ているし(鼻の形がやっぱり違います)割合と静かに穏やかに話す人民なので、あまり悪い印象はありません。


 わたしがベトナムへ最初に行ったのは30年前になります。

 その頃は生春巻なんてジャンクフードはありませんでした。

 ひたすらフォーと海老のボイルを食べていました。


 ホーチミン市のマッサージ店では、働く女性の年齢制限25歳と言うのがありました。

 当時は17ドルから25ドルが相場でしたから、貨幣価値はかなり低めだったと思います。


 ベトナムで、いいなと思ったのは空が明るいところ。

 あとは女性の可愛らしいところ。


 他の人に話すと、そうか?って疑問に思われるんだが、まあこれは好みの問題だわいと、思うんですよね。


 わたしがいちばん仲良かったのはスンさんと言う女性でした。

 5年に一回くらい、手紙を書いています。

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.