読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

初恋の夢 ②

またTさんの夢を見た。正確にはもう当たり前に結婚していて、Sさんと言う一人称が正しいのだろう。


同窓会の前日、翌日に見るかのような夢だった。
どこかの街でばったり再会して、止むにやまれない事情から一夜を共にするなどと、とんでもないディテールの夢。
 なにかが起こる前に夢から覚めました。

 その後に何回か会うようになって、他愛ない話をしたりいきなり恋愛の話になったりと続き、夢はことさらに加減を知らないから困りものだ。

 会話の内容は、わたしは今でも覚えていますが中学を卒業して2回、通学路で制服姿の君に街で偶然再会して、手紙と招待状を頂いてあなたの学校の文化祭に行って、そして高校2年の夏は野球場で。あなたは男の子と一緒に隣り合って座っていました。
 初恋のようなものはその時に終わったんだな、と感じました。

 そのあとハタチ過ぎにも吉祥寺近鉄前の交差点で。あなたはお友達と一緒にいて、声をかけそびれてしまいました。

 いまわたしは都区内に四年前家を買い直して、恥ずかしながら独りのまま暮らしています。
 弟はあなたのご実家そばに住む地元娘と15年ほど前に結婚して六丁目にいるんですよ。

 まだ書きたいことありますが、この辺で。

 またどこかで偶然見かけたりしたら、今度はお声をかけさせてください。

 手紙を彼女の実家に書いた時に夢から覚め、朝がやって来た。
Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.