読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或る光栄

In case of die.

ブログに綴っている内容は勤務する企業とはいずれの関わりもありません

聖なる酔っ払いの伝説

 わたしは酒に酔っ払い酩酊してしまう人が心底羨ましい。

 アルコールを分解する酵素が人並み外れて多いせいか、酒を飲んで正体不明になった記憶が積年の飲酒経験でも一度きりしか無い。

 32歳くらいの時、親友と日比谷で飲んだとき。

 ショートカクテル17杯。


 最後にスカイダイビングを飲んで、生まれて初めて人様に介抱されながら酒場をあとにした屈辱。

 あいにくスカイダイビングのような爽快感も空虚な感じもなく言われるがままにタクシーで渋谷に向かってた。

 人に介抱されかながらも意識はあった訳で、いまも悔恨の思いとともに時々浮かび上がっては消えていく思い出ですね。


 ハタチ台のころのわたしは、その酵素分解量のおかげか悪酔いせずに、飲みすぎた時はすぐに頭痛が始まると言った具合でした。だから二日酔いと言う経験はほとんど無く、その代わりに酔ったときはその酔いを朝までしっかりと抱きしめて酔いを鎮めるような気分のあまりよろしくない酒飲みしか出来ませんでしたね。


 酒を飲んで、ゆっくり眠れるようになったのはここ5,6年の話しだと思います。 


 そう言う意味では酒   弱くなったな   と思うのですが…

 むかしの酒飲みでなにやってたか?って言うと酒を飲んでクルマで横浜までドライブとか平気のヘイちゃんでしたからね。

 良いとか悪いとか別にして、今にして思えば何も考えていなかったんでしょうが、当たり前のように女の子も隣に座っていましたからね。

 ほのぼのと言うか、のんびりした時代だったんだなと感慨に浸るこの頃です。


 ところで、酒に強くなる秘訣はひとつしかありません。

 酒を飲んで、正気のままにいくら反吐をついたかにかかっています。反吐つきのたびに酒は強くなって行きますね。

 

 まぁいちばん幸せなのは缶ビール一本くらいで人畜無害に寝られる人ですね。


 若い時の自分は、酒を飲んで酔っ払って自分が自分でなくなるのを酷く嫌っていました。

 そう言う時間がもったいないなと強く意識していましたね。


 今でも酒を飲んで電車で熟睡とか考えられません。どんなに酒を飲んでも、家に帰って服を脱いで、たたんで、服を着がえて、枕の感触を確かめて眠りにつきます。


 わたしは自宅でお酒を飲むようになったのは35歳を過ぎてからです。それまでは酒は家の外で飲むものだと考えていました。

  

 だからアル中になっていないんだな。


 バハマのテラスでモヒートとかね。

 ヘミングウェイの呑み方に憧れる日々です。


 今日は昼間っからマンハッタンを自作してやってました。

 はっきりしない天気ですね。

 どうしているものか?って考えながらグラスを傾けています。


 

Copyright ©  boy-LUllaby All Rights Reserved.